【ネタバレ無し】『42〜世界を変えた男〜』のレビュー|無料視聴の方法を紹介

今回は「42〜世界を変えた男〜」をネタバレ無しで紹介していきます。

本記事の内容は以下の通り

  • 「42〜世界を変えた男〜」のあらすじ
  • 「42〜世界を変えた男〜」のストーリーをネタバレ無しで解説
  • 「42〜世界を変えた男〜」の動画を視聴する方法

それでは順に見ていきましょう。

「42〜世界を変えた男〜」のあらすじ

4月15日は大リーグのすべての選手が選番号「42」をつける。
なぜ全員が背番号「42」をつけるのか。そこには黒人初の大リーガー「ジャッキー・ロビンソン」の存在があった。これは野球界、もとい世界を変えた一人の男の実話である。

「42〜世界を変えた男〜」を紹介すると上記のような感じです。

「42〜世界を変えた男〜」のストーリーをネタバレ無しで解説

続いて「42〜世界を変えた男〜」をネタバレなしでもう少し掘り下げていきます。

本作のメインの登場人物は以下の2人。

  • ジャッキー・ロビンソン(黒人野球選手)/ 主人公
  • ブランチ・リッキー(野球球団ドジャーズの経営者)

1945年、実際に当時の黒人はニグロと呼ばれ迫害を受けていました。
何をするにも後回し、公共施設も黒人NGというところが多かった状態です。

そしてそういった差別は野球界にもあり、当時のメジャーリーグでは黒人が一人もいませんでした。

これをどうにかするべきと考えたリッキーは黒人を自分のチームに一人入れようとします。
最初の一人、それは当然最も批判の声が大きくなります。(「なんでニグロがいるんだ」のような発言はしばしば)

それを耐えうるかつ、実力者を探していたリッキーはジャッキー・ロビンソンに目をつけ、球団に誘います。

しかし球団に入ったロビンソンに待ち受けるのは過酷な運命でした。

周りは全員白人、観客やメディアにも煽られる。

そんな中、ロビンソンの挑戦が始まります。

メジャーリーグ界全球団の永久欠番である背番号「42」の真実が明らかになります。

 

これは映画冒頭にリッキーがジャッキー・ロビンソンを招待した時に躱した会話です。

リッキー「何をされてもやり返すな、やり返したら全て無駄になる。お前にその勇気はあるか?」

ジャッキー「やり返す勇気のない選手になれと?」

リッキー「違うそうじゃない。やり返さない勇気を持つ選手になるんだ」

こうしてジャッキー・ロビンソンはドジャースに入団することになるわけですね。

まとめ

今回は「42〜世界を変えた男〜」を紹介しました。

実はこの話、野球上の差別だけでなく、世界の差別問題にまで影響を与えた実話なんですよね。

今現在は黒人の差別問題は少なくなってきましたよね。
その功績はジャッキー・ロビンソンにあり、この洋画はその実話をもとに作られたものです。

差別問題を野球というスポーツを通して解決していくというのは凄いことですよね。

本当に感動しますし、鳥肌ものですので、まだ見たことない方はぜひ一度見てください!

「42〜世界を変えた男〜」の動画を無料視聴する

この作品はAmazonのプライム・ビデオで視聴することができます。

Amazonプライム会員の方は以下からご覧になれます。

「42〜世界を変えた男〜」を視聴する

 

プライム非会員の方はプライム会員になることで動画を視聴することができます。
プライム会員は年間3900円(学生1900円)かかりますが、最初の30日間は無料で体験することができます。

無料体験期間中に動画を視聴することが可能ですので、この機会にお試しで入って動画を見ると良いでしょう。

Amazonプライム会員を30日間無料体験する

もちろん動画を見るサービス以外にも配送料無料や、音楽聴き放題といった様々な特典が無料体験期間中でも利用することができます。

詳しいサービス内容は以下の記事を御覧ください。

Amazonプライムには入るべきか?サービス内容や得か損かを詳しく解説!