Audibleを利用して最大3000円分のAmazonポイントが無料で貰えるお得なキャンペーン!【12月12日まで】

Amazonプライムには入るべきか?サービス内容や得か損かを詳しく解説!

  • 「Amazonプライムって入るべきなのかな?」
  • 「でも年会費3900円払って元が取れるくらいAmazon利用するかな・・・」

本記事は上記のようなアマゾンプライムの加入に悩んでいる方へ向けて書いています。
判断材料になれば幸いです。

さて本記事は以下の手順で解説していきます。

  1. Amazonプライムの特典内容
  2. Amazonプライムに入ったとして元は取れるのだろうか?
  3. 結局Amazonプライムに入るべきか?

ちなみにこの記事を書いている私はプライム歴9ヶ月でして、現在も満足しながら継続しています。

 

それではこれから解説していきますのでAmazonプライムの加入に悩んでいる方はぜひ参考にしてください。

Amazonプライムの特典内容

Amazonプライムは年間3900円でAmazonの様々な特典を利用できるサービスです。
それではその特典内容について解説していきます。

配送料が無料

Amazonプライム会員は商品を購入する際の配送料が無料になります。

下の表は通常会員の場合の料金です。


※画像は公式から

表の通り、通常会員の場合2000円未満の時に配送料が発生してしまいます。
このことに気づかずに、無駄な配送料を支払っていたこともあるのではないでしょうか。

もしくは

「2000円達していないからまだ買わないでおこう」

と言ってなかなか商品を購入する段階に進まないという思いをした方もいるのではないでしょうか。

 

しかしプライムであれば配送料が無料になるため、こういった悩みを持つことはなくなります。

「水が欲しいなぁ〜 」   → 購入
「あ、ティッシュも欲しい 」→ 購入

このように配送料を気にせず小さいものからAmazonを気軽に利用できるようになります。

頻繁にAmazonを利用する方はこの”配送料無料”という特典だけでもAmazonプライムに入る価値は十分あると言えるでしょう。

お急ぎ便・お届け指定便が無料

プライム会員の場合お急ぎ便やお届指定便を無料で利用することができます。

下の表は通常会員のお急ぎ便料金です。


※画像は公式から

また下の表は通常会員のお届け日時指定便の配送料です。


※画像は公式から

お急ぎ便もお届け指定便もよく利用するかと思います。

一人暮らしの方なんかは絶対に利用しますよね。

仮に年間8回以上お急ぎ便やお届指定便を利用しているのであれば、この特典だけでも得しているという計算になります。

また、学生であれば年会費は半額の1900円なので4回の利用で元が取れる計算になります。

 

正直「大学生の一人暮らしに必要なものは何か」と聞かれたら私は迷いなく「Amazonプライム」と答ええるでしょう。

カップ麺とか日用品も買いに行くのが面倒ですよね。
しかもAmazonなら箱買いができてかなり便利です。

また次に説明するPrime Videoも暇な時に映画やアニメが見放題なので学生にはありがたい!

PrimeVideoで映画・ドラマ・アニメが見放題

  • 洋画(海外映画)
  • 海外ドラマ
  • 邦画
  • アニメ
  • TVドラマ
  • プライム限定動画(松本人志のドキュメンタル等)

プライム会員であればこれらが見放題なのです。
しかもラインナップが結構良いんですよ。

洋画とアニメが好きな私ですがそれぞれ30タイトル程おすすめ出来るものがありました。
それくらい豊富ということです!

またAmazonプライム限定の動画というのもあります。

一つ例をあげると『松本人志のドキュメンタル』がそれにあたります。

アニメに関しては現在やってる放送の最新話が追加されたりもしていますね。

 

このプライム・ビデオですが、PCの場合そのままブラウザで視聴することができますが、スマホやタブレットの場合はアプリを入れることで見ることができます。

ダウンロードをしておけばネットに繋がっていない状態でも好きな動画を視聴できるのでとても便利です!

Amazonプライムビデオで見れる絶対に面白いおすすめアニメベスト26!【2018年秋更新】

PrimeMusicで100万曲以上の曲が聴き放題

Amazonプライム会員であれば100万曲が聴き放題になります。
いろんな歌が入っているので飽きることはないでしょう。

しかし最新の曲は入ってこないので

「これが聴きたい!」として探すより「あ、これあるのか、聴いてみよう」

というように利用するのが良いでしょう。

また洋楽は結構充実しているので、BGMとして利用したい方にはオススメできるサービスですね!

 

最新の曲も聴きたいと思った方は追加料金を払うとAmazon Music Unlimitedというサービスを利用することができます。こちらは曲数40倍の4000万曲以上が聴き放題になります。
プライム会員なら月額770円で利用できますし、体験期間も30日あるので合わせて利用してみるのも良いですね。

PrimeReadingで一部本が読み放題

Amazonプライム会員であれば一部の本(800冊程度)が読み放題になります。

ビジネス書は面白い本が結構多いのでおすすめです。
ラインナップはこちらで確認できます。

またKindle本は、Kindle端末がなくてもパソコンやスマホ・タブレットで読むこともできます。

Kindleオーナーライブラリで毎月1冊Kindle本が読める

Kindle端末を持っている人限定のサービスですが、一部本を月に1冊読むことができます。

対象の本はそこまで多くはありませんが、Prime Readingと比べるといい本が多い気がします。

Prime Readingで読めない本をオーナライブラリで読むという使い方が良いでしょう。

Amazon Prime Nowで1,2時間以内に注文が届く

プライム会員なら短時間で注文商品が届くPrime Nowが利用できます。

注文後1,2時間以内に注文が届くサービスで、急いで欲しい時に便利ですね。

ただし対象エリアが首都圏に限定されているので地方の方には縁がないサービスですね。
対象エリアはこちらを参考にしてください。

またこのサービスは2500円以上の注文から利用できるようになります。

そして2時間便であれば無料ですが1時間以内の場合は890円の配送料金が発生してしまうのが注意点ですね。

プライム・フォトで写真をクラウドに保存できる

写真をAmazonのクラウド上に保存しておくことができます。
スマホで取った写真等を自動的にAmazonのクラウド上に保存することができます。

これによりスマホからいちいち転送する手間を省けて結構便利です。

スマホで撮った写真を頻繁に加工する方にとっては助けになる特典ですね。

Amazonパントリーで食品・日用品を少量から購入できる

Amazonに売られてるものって束になってる事が多いので「欲しいけどそんなにたくさんはいらない」と感じることもあるでしょう。そういった時に使えるサービスがこのAmazonパントリーです。

1つのダンボールに入りきるまで好きな商品を少量から買うことができます。
ダンボールは一箱送料込みで390円です。

商品一つ一つに占有率が記載されており、箱の占有率が100%になるまで商品を入れることができます

例えるとスーパーの揚げ物とかを入れる箱ありますよね。
あの箱が390円で、その箱の中にAmazonの商品を単品からでも買えるといった感じです。

単品から注文できるので、「欲しいけどそんなに必要ない・・・」という思いをしてきた方には便利ですね。

Dash Buttonでボタン1つで商品を購入できる

Amazonプライム会員であれば画像のようなボタンを購入することができます。

こちらは一つ500円となっており、1回ボタンを押すとそのまま注文が完了し発送されます。

  • ドリンク系
  • 洗剤系
  • おむつ..etc

などなど、様々な種類のボタンがあり計150種類にも及んでいます。
よく利用して頻繁に買うのが面倒な場合は置いておくと便利ですよね。

洗濯機の横に洗剤のボタンを置いておけばなくなった瞬間にボタンを押して注文をすることもできますからね。

 

ただしお子さんがおられる家庭の場合目に入らないところに置いておかないと、翌日大量のダンボールが届くなんてこともありえるので注意が必要です。

タイムセールに30分早く参加できる

Amazonのタイムセールに通常会員より30分早く参加できるようになります。

人気のある商品はプライム会員のみの30分でも売り切れてしまうことがあるので、お得情報が好きな方にはありがたい特典ですね!

ちらっとどんな商品があるのかを見てみるのも面白いのでおすすめです。

タイムセール対象の商品はこちらで見ることが出来ます。

特典まとめ

再度特典内容をまとめます。

  1. 配送料無料
  2. お急ぎ便・お届指定便無料
  3. Prime Videoで映画・ドラマ・アニメが見放題
  4. PrimeMusicで100万曲以上の曲が聴き放題
  5. PrimeReadingで一部本が読み放題
  6. Kindleオーナライブラリで毎月1冊Kindle本が読める
  7. AmazonPrimeNowで1,2時間以内に注文できる。
  8. プライム・フォトで写真をクラウドに保存できる
  9. Amazonパントリーで食品・日用品を単品から購入できる
  10. Dash Buttonを購入できる
  11. タイムセールに30分早く参加できる

個人的に配送料無料、お急ぎ便・お届指定便無料、PrimeVideoは非常にありがたいですね。

Amazonプライムで元は取れるか?

ここまでAmazonプライムのサービス内容について解説してきました。

さてここで気になるのが

  • 元は取れるのか?
  • 入ったほうがお得なのか?

ということですよね。

今回は配送料無料・お届指定便・PrimeVideoの3つに焦点を当てて、どうすれば元が取れるかを紹介していこうと思います。

 

平均的に考えると

  • 2000円以下の買い物を年に2回する(800円)
  • 日時指定便を年に5回利用する(2500円)
  • アニメ・映画を年に6タイトル視聴する(600円)

この程度で元を取ることが可能です。
アニメ・映画に関してはツタヤで一本100円で借りた場合と比較しています。

こう考えると元を取るという考え自体不要なくらい、Amazonプライムはお得ですよね。

 

ちなみに私の場合

  • 年間2000円以下の買い物を5回程度する(2000円)
  • 年間日時指定便を10回程度利用する(5000円)
  • 年間100タイトルほどアニメ・映画を見る(10000円)

アニメ・映画に関しては好きなので3日に1タイトル程のペースでみており、年間で100タイトル程見ている計算ですね。

この3つの特典だけで年間17000円分も利用しているので、3900円の年会費から考えると13000円も得している計算になります。

結局Amazonプライムに入るべきか?

さて結局のところAmazonプライムには入るべきなのでしょうか。

そこで自分がどの程度Amazonを利用するのかを考慮して以下を参考に一度計算してみてください。

・2000円以下で購入する回数×400円
・お届指定便を利用する回数×500円
・ツタヤでDVDを借りる回数×100円

もし合計が3900円になった場合あなたは損をしていたことになります。
そんな方はAmazonプライム早めに入ったほうがお得ですので是非お試しください。

反対に合計が3900円以下になった場合はAmazonプライムには入らなくても良いかもしれません。
ただアニメや映画を見まくりたいという人は入会すると幸せな気持ちになれるので入ってもいいですね!

最初の30日間は無料体験できますので是非一度体験して確かめてみてくださいね。

とりあえずAmazonプライムを無料体験してみよう

今現在悩んでいる方はとりあえず無料体験をしてみると良いでしょう。

「せっかく一度きりの無料体験・・・もっと慎重にしたい」

と思ってるそこのあなた!

実は無料体験は一定期間を過ぎると再度利用出来るようになるんです!

詳しい期間は公言されてないので不明ですが・・・。

なので、何はともあれ体験してみることをオススメします。
無料体験が終了する段階で自動解約することもできますので!

まとめ

さて今回は「Amazonプライムに入るべきか」をテーマに解説してきました。

ちなみにAmazonプライムの年会費が支払われるタイミングは無料体験期間が終了した直後です。
サービスはその時点から1年間利用することが可能です。

なので入会するのは何月でも、どのタイミングでもOKということですね。