一人暮らしは寂しい?ホームシックになった時にするべきこととしてはいけないこと

一人暮らしを始めようとしていて

「私ホームシックになるかもしれない・・・。」

と思っている方もいるでしょう。

 

そこで今回は一人暮らしを経験した私が

  • ホームシックになる人の特徴
  • ホームシックになる期間
  • ホームシックになった時にすること・すべきでないこと

について紹介していきます。

なぜホームシックになる?

まずはホームシックになる原因を考えてみましょう。

ホームシックは新居より地元の方が良いと思ってる時になる場合が多いです。

  • 慣れていないから
  • 自分でやらなくちゃいけない
  • 新しい地域について知らない
  • 話し相手がいない

このような要因がきっかけになります。

 

しかしどれも住んでいくうちに解決してきそうな問題ですよね。

ホームシックになる人とならない人の違いは?

ホームシックになる人は約半分と言われています。

そこでどういった人がホームシックになりやすいのでしょうか。

ホームシックになりやすい人の特徴

家族と仲が良い

家族と仲が良い人はホームシックになりやすいです。

いつも家族と話していたり、遊びに行くような関係である場合はそれが頻繁に行えないということもあり、ホームシックになってしまうケースが多いです。

こういう人は新居でも家族と連絡を頻繁に取ってしまいがちですが、それがホームシックを長続きさせてしまう要因になるかもしれません。

地元の友達と頻繁に遊んでいた人

家族と同様、地元の友達とよく遊んでいた人もホームシックになりやすいです。

空いた時間があれば必ずどこかへ遊びに行くような仲の友達が、暇な時間でも距離があることから遊べないということがでてきます。

そのせいで悲しくなってしまい、地元に帰りたいという気持ちが強くなりホームシックになってしまう場合があるようですね。

実家が遠い人

実家が遠い人はホームシックになりやすい傾向があるようです。

近い人と比べて「すぐに帰れない、近くに頼れる場所がない」というのがホームシックのきっかけになる場合が多いようですね。

ホームシックになりにくい人の特徴

地元に帰るつもりがない人

大学で一人暮らしを始めた場合、就職するにしてもその場所で就職するという人も多いです。

そういった人は比較的ホームシックにならない傾向が強いです。

逆に「大学は一人暮らしだけど就職は地元で」と考えている人はホームシックになりやすいかもしれませんね。

地元が近い人

地元が近い人はいつでも帰ることができる、何かあってもすぐ近くに頼れる場所があるということでホームシックにならないことが多いようですね。

めんどくさがりな人

めんどくさがりな人はホームシックにまずならないでしょう。

地元に帰るとなると電車やらなんやらで結構大変でめんどうです。

このことにめんどくさいと思える人はホームシックになることはないと思います。

ホームシックってどのくらい続くの?

ホームシックは長い人は長いですが、基本的にすぐ収まります。

期間は一人暮らしを始めて2,3日目に発症(寂しくなり)して1週間弱続くことが多いです。

1週間で解決する人もいれば長い人で1ヶ月程続く人もいるようです。

 

1ヶ月も続いている人はもしかしたら”ホームシックを和らげること”を行っているのが原因かもしれませんね。

これらは”地元の良さ”を思い起こさせるのでかえって逆効果だったりするのです。

ホームシックを克服するために必要なのは地元の温もりではなく、今いる場所の良さを知ることなのです。

ホームシックになった時にするべきこと

続いてホームシックになったときにすること。
つまり今いる場所の良さを知るためにするべきことを紹介していきます。

部屋を自分専用にカスタマイズする

自分の部屋を思いっきり自分仕様にいじるのも面白いです。

実家だと家族の視線や環境上できなかったことも一人暮らしなら気にする必要はありません。

  • 好きなポスターを思いっきり貼る
  • ソファを置く
  • スピーカーで音楽を聞く(近所迷惑は控えましょう・・・)

自分の部屋なら誰も文句は言いません。
自分色に染めて最高の場所を作ると良いでしょう。

友人を作る

ホームシックの要因として大きいのは”親しく話せる相手がいないこと”

なので親しい友人ができればホームシックになることはありません。

むしろ仲良くなりすぎて地元よりずっとこっちに居たいと思う様になるかもしれません。

 

バイト等を始めて知り合いを増やすというのも良いですね。

ネトゲ・Twitter等で交流を深める

”友人を作る”の派生ですが、リアルで友人をあまり作れない人はネットから入ることもおすすめです。

ネットでは自分の気の合う友達を探すのが非常に楽です。

ネットだと気兼ねなく話す事ができますし、気に入らなければブロックすることができます。
そうして仲良くなった人同士でオフ会でもすれば、今まで以上の”仲の良い友達”が出来上がる場合もあります。

話す相手ができることで、やはりホームシックにはならなくなるでしょう。

好きなことをしまくる

自分が好きなことを思いっきりしましょう。
誰もあなたを邪魔することはありません。

夜更かししながら好きな洋画を思いっきり見るのもいいでしょう。

アニメが好きなら一挙放送まるごとみることもできます。

電気を消してお菓子とジュースを用意して鑑賞オールというのもなかなか実家じゃ出来ないことなので結構楽しいですしね。

 

ゲームが好きなら思いっきりゲームをすることも出来ます。もちろん生活に支障をきたすレベルでは良くないですが・・・。

親に何も言われずに趣味に没頭できるのは最高ですよね。

この楽しさを知ればホームシックなんて言葉は既に消し飛んでいるはずです。

新しい場所を周る

新しい環境を知ることでホームシックにならない様になる場合もあります。

  • 近くにこんなおしゃれがカフェがある
  • すぐ近くに服が売っている
  • あそこのお店美味しそう!
  • 近くの観光地に行ってみる

などなど。

実際に足を動かして探検してみるとその地域の良さを知ることが出来ます。

 

住めば都という言葉がありますよね。

実際住んでいればその場所はあなたにとって最高に住みやすい場所に変わるはずです。
そうなってしまえばこっちのもんです。

ホームシックってなんぞ?って言えるようになるでしょう。

部屋で全裸になる

実家じゃ絶対に出来ないことをやってみましょう。

その一例が全裸です。

いや、別に全裸じゃなくてもいいんですけどね!

 

一人暮らしの自由さを実感できること、実家だとどうしてもできないことをなにかやってみると結構吹っ切れるもんですよ!

一人暮らしで全裸で過ごしていた理由|体感したメリット・デメリットを解説

ホームシックになった時にしてはいけないこと

続いてホームシックになった時にしてはいけないこと、するとホームシックが長続きしてしまうことについて紹介していきます。

ホームシック系の歌を聞くこと

いわゆる共感系というものですが、

「あぁ、確かにおんなじ気持ちだぁ 悲しい〜」

と思うような歌ってありますよね。

「ふるさと」とか「帰りたくなったよ」とか。

こういう歌はすごく共感できて「あぁ、おんなじ人もいるんだなぁ」と感じれるわけですが、ホームシックの解決には繋がりません。

返って帰りたいという気持ちを促進させてしまうのです。

親と頻繁に電話をすること

寂しいからといって親に頻繁にLINEや電話をするという行為は逆効果です。

一時的な薬にしかならず、すぐにその効果は途切れるでしょう。

 

また、地元のことを思い出そうと思い、思い出の料理や思い出のモノにふれるものホームシックを継続させる要因になる場合が多いです。

 

先にも言いましたがホームシックは地元の良さを思い出すのではなく今いる場所の良さを知ることで解決できるのです。

何もしない時間を作ること

ホームシックの時の”何も時間”というのは非常に苦痛なものです。

「こんな暇な時間があったら家族と話せる、地元の友達と遊びにいけるのに」と思ってしまうかもしれません。

 

そのため、好きなことを探してそれに没頭して、暇な時間をなくすことでホームシックを解決することができるようになるはずです。

正直時間が解決することが多い

ここまでいろいろ書いてきましたが、正直な話時間で解決するのがほとんどです。

 

私の周りでも1週間くらいで全員がホームシックを克服してました。

それからは一人暮らしの楽さについてニヤニヤしながら語るようになるレベルです。

実際にホームシックになった?

私の場合はホームシックになりませんでした。

むしろ逆ホームシックにかかるレベルです。

新居に引っ越して最初に帰省するのはGW(ゴールデンウィーク)です。

久々の家だなぁ〜ワクワク

と思って家に帰るわけです。

1、2日目は「ご飯が出てくる〜風呂が沸いてる〜幸せ〜!」

って思うわけですがそれ以上実家に滞在すると

あれ・・・一人暮らしに戻りたい

と思うようになってくるのです。

一人暮らしの楽さというのは次元が違いますからね。

 

あと、実家にいるとどうしても何かしらの行事?に巻き込まれる場合が多いんです。

  • 親戚との〇〇
  • 家族間での〇〇
  • 作業している時の「ちょっと手伝ってー」
  • 作業している時の「〇〇いくぞー」

こういうのに対して対応しなければいけないのはやはり実家の面倒くさい部分ですよね。

そういうことを感じない一人暮らしというのはやはりめちゃくちゃ楽なもんです。

今現在ホームシックの人へ

安心してください。

多くの人がホームシックになるわけですが、ホームシックが延々と続く人はいません。

必ずどこかで”一人暮らしの良さ”について気付くことができ、それによりホームシックが無くなるはずです。

 

むしろ逆ホームシックになるレベル。

 

一度ホームシックを超える事ができれば、あとは楽で楽しい生活が待っています。

もうひと踏ん張りです。

ファイトっ!

まとめ

ということで今回はホームシックについていろいろ書いてきました。

結局何が言いたいかというと

ホームシックだからって地元のことを考えるより今いる場所の良さを知ろう!

ということです。

ではよき新生活をっ!

 

 

ー追記ー

もしあなたが学生ならAmazon Prime Studentがおすすめです。

6ヶ月無料体験できるのでその間に洋画・邦画・アニメが見放題です。

ホームシックの期間を映画鑑賞で乗り切ってやりましょう!

お菓子とジュースを買って電気を消してオールで鑑賞するのはなかなか良いもんですよ!

PrimeStudentを無料体験する