大学生はアルバイトをしない方が良い?無意味な時間を過ごさずにするべきことは?

大学生あるあるですが「バイトしている人=ちゃんとしている大学生」っていう風潮ありますよね。

個人的にこの考え方はあまり好きじゃないのですが、バイトしていない大学生をニートと冗談めかしに言う人もいます。

彼らはバイトしている自分が格好いいとでも思っているのでしょうか。

実は私も大学3年生までバイトをしていなかったのですが、その時「ニート働けよw」とかおちょくられたことがあります。

 

しかし大学生活を終えて断言できることがあります。

目的がないバイトは貴重な時間を無駄にしている!

目的の無いなんとなくのバイトってすごく勿体ない気がしてならないんです。

また大学生は人生の夏休みとか言われていますが、私が思うに人生において一番貴重な時期です。

大学生活が終わると何者かにならなければいけなくなりますよね。
就職するにしても事業を始めるにしても同じです。
何かしらの肩書ができて何者かになることでしょう。

そして大学生とは何者にでもなれる大チャンスな時期なのです

この貴重な時期を人生の夏休みと言ってダラダラ遊んだりバイトで時間を潰すようなことはして欲しくないのです。

 

ということで今回は「大学生がバイトをするのは勿体ない」ということをテーマに少し述べていきます。

バイトをするべき人はどんな人?

目的のないバイトはしない方が良いと言いましたが、どんな目的であればバイトをするべきと言えるのでしょうか。

個人的な意見になりますが以下の場合であればバイトをするのが手っ取り早いですね。

  • 欲しいものがある場合
  • 習いたいことがある場合
  • バイトでスキルが身につく場合
  • 生活費は自分で稼がないといけない人

少し掘り下げて説明していきます。

欲しいものがある場合

まず欲しいものがある場合はバイトで稼いで買うのが手っ取り早いですよね。
短期間で確定で稼げるバイトというのはやはり便利です。

なにか欲しいものがあった場合はバイトをして稼いで買うと良いでしょう。

そして欲しいものが買えた時点でバイトはやめていいのではと思っています。

習いたいことがある場合

習いたいこと、例えば

  • プログラミングスクールに通う
  • 短期留学をする

など。こういったものに通いたい場合は目的のお金が溜まるまではバイトをするのが良いと思います。

これも同様お金が溜まったらバイトをやめてそれに集中した方が良いでしょう。

バイトでスキルが身につく場合

将来飲食店で働きたい人は飲食店経営がどんな感じなのかをバイトをすることで少なからず確認することができます。

アパレル系に就こうと考えている人もそういう関係のところでバイトをすると良い経験になるでしょう。

プログラミングの知識を高めたいと思っている人はエンジニアのバイトをするのもいいですしね。

生活費のため

仕送りがなくバイトをしないとご飯も食べれないし家賃も払えない等という場合はバイトをするしかないですね。

それか親からお金を借りるか奨学金を借りることになるでしょう。

学費・奨学金返済のためのバイトはしてはいけない

個人的に一番勿体ないというか愚かな行為だと思うのが「学費・奨学金返済のためのバイト」です。

これらを自分で払うとなると授業なんてそっちのけでバイト三昧の大学生活をおくることになってしまう場合が多いです。
これってめちゃくちゃ勿体ないと思うんですよね。

大金払って大学来ているのにその学費を払うために大学を疎かにしてるって・・・何してるんだろう?と思わずにはいられません。
自分で学費を払うまでの決意で来た大学をバイトに費やすってもういろいろとおかしいですもんね。
奨学金は就職してから返すものと考えて良いでしょう。

そして断言します。

年収は大学生のうちに上げることが出来ます。

つまり大学生のうちに年収を上げる努力をすれば、奨学金なんてすぐ返せる可能性があるということです。

だからコツコツ定額のバイトで貴重な大学生活を無駄にしてないで、今のうちに年収を上げる努力をして将来楽に返せばいいでしょと思うわけです。

バイトを辞めて余った時間にすること

そしてここが一番大事です。

バイトを辞めたところで家でダラダラゲームをしてたり友人と飲み会にばかり行っているのでは意味がありません。
むしろそれならバイトをしていたほうがお金を稼げるのでまだマシです。

貴重な時間を無駄にしないためにも私がおすすめしたい大学生活にやると良いことを4つ紹介していきます。

  • 資格を取得する
  • 勉強する
  • 留学をする
  • 読書をする
  • バイト以外で稼いでみる

順番に解説してきます。

資格を取得する

資格取得はシンプルですがやはり自分のためになるでしょう。

ここで意識するべきことは就活のための資格取得ではなく将来の仕事の為の資格取得です。

同じのように見えますがその実全然違います。

自分にとって将来的にも使えるスキル・知識を大学生の時間のある内に取得してみるのも良いでしょう。

必ず役に立ちますよ!

勉強する

この勉強する分野に関しては自分の興味がある(将来仕事の役に立つ)ことを勉強すると良いでしょう。

例えばプログラミングの勉強を必死にして自分の力でアプリやソフトを作れるようになるというのも良いですね。

留学する

社会人になって留学しようとしてもなかなか出来ない場合が多いです。

大学生のうちは「英語なんて・・・」と思う人が多いですが社会人になるにつれて「英語を勉強しておけばよかった」と思う機会が多くなるのも事実です。(スピーキングであったりリーディングであったり)

しかし現在AIの進化が進んでいるから英語なんて勉強しなくても将来なんとかなると思っている人もいるでしょう。
コレに関してはそのとおりではあるのですが、やはりリアルタイムには絶対に劣ります。
英語が理解できると洋書であったり洋画であったり、日本版(翻訳)が発行されるまで待たなくてもよいというのはやはり良いメリットですよね。

外国の人と直接コミュニケーションを取れるのも良い点です。

ですので大学生の時間のあるうちに留学してみるのもおすすめです。

視野も確実に広がるので1ヶ月程度の短期でも良い効果を得られるでしょう。

4倍速で英語が身に付く!常夏の楽園セブでマンツーマン留学

読書をする

こちらもおすすめ。

私の意見ですが読書の量と年収は比例すると考えています。

読書をしていなかった時と比べると考え方というのは全く別物になります。

今までと違った視点で物事を見ることができ、もっとこうした方が良いかもと考える力も付きます。

就職するつもりの人はもちろん自分で起業したりフリーランスになりたいと思っている人もぜひ読書はしてほしいですね。

 

読書をするのであれば月額980円で電子書籍本が読み放題のAmazon Kindle Unlimitedというサービスがおすすめです。1日30円の節約をしてぜひ体験してみてください。
それで年収が上がると考えるとこんなに優れたサービスはないでしょう。

Kindle Unlimited公式サイト

詳細については以下の記事より参考にしてください。

バイト以外で稼いでみる

これは私が一番おすすめしたいものです。

いわゆるフリーランスみたいなことを大学生のうちに一度でいいから体験してみることをやってみてほしいのです。

やることは何でもいいです。

  • ライター
  • プログラマー
  • デザイナー
  • ブログ
  • Youtube

他にもいろいろあると思いますが、興味があることでぜひ1円でもいいので自分の力でお金を稼いでみてください。

お金に対する価値観が変わり、またどうすればお金をより稼げるようになるのかという知識が身につきます。

これによりあなたは他の学生より遥かに抜きん出る存在になること間違いなしです。

 

もし特にやりたいことがないのであれば私が一番オススメしたいのはブログ(アフィリエイト)です。

あなたが今読んでいるこのサイトも一つのブログです。
普段問題を解決するために検索して出てきたページも一つのブログです。

ブログと聞くと日記みたいなイメージを持つ方も多いでしょうが日記を書かないものもあるということですね。

そして私がなぜブログをオススメしたいかというと得られるものが多すぎるからです。
私が思うメリットをいくつか紹介します。

  1. 継続力が身につく
  2. 忍耐力が身につく
  3. マーケティング力が身につく
  4. ライティングスキルが身につく
  5. 視野の拡大
  6. ビジネス視点拡大
  7. 収入が得られる
  8. 慣れると楽しい
  9. 就職しなくてもよくなる(可能性がある)

ぱっと思いつくだけでもこれだけの利点があります。
1〜6に関しては就職活動時に最強のアピールポイントにもなります。

どの起業もマーケティング(広告)というものには力を入れているため、「私のブログは月間10万人に閲覧していただいています」とでも言えば興味を示してくれる可能性が高いです。

そして上手く行けば十分な収入も得られるので就職しなくても良くなる可能性もあるのが良い点です。
もちろん就職は別として、他の収入源があるというのも生活を豊かにする上でとてもありがたい存在になりますよね。

ブログで稼ぐってどういうこと?初心者にも分かりやすく仕組みを解説

まとめ

さて今回は目的のないバイトは貴重な時間を無駄にしているということを伝えてきました。

バイトは何かをする時にお金が足りない時にだけするのが良いでしょう。

そして大学生活は社会に出る直前の最も大事な時期です。

 

この時期に準備できることはできるだけしておいた方が将来確実にあなたのためになります。

大学生活を人生の夏休みにするか、社会人になっても夏休みを作ることができるかはあなたの大学生活にかかっていると行っても過言ではないでしょう。

 

「学生のうちに遊んでおけよ」なんていう諦めの言葉は鵜呑みにせず、ぜひ社会人になってもたくさん遊べるように”大学生の今”努力してみてください。

必ず将来楽になりますよ!