【iPhone】単純な作業をマクロで半自動化!スイッチコントロールの使い方を優しく解説

iPhoneユーザーの方で

  • 同じ作業を繰り返すのが面倒
  • 単純な作業を自動化したい
  • ゲームの周回をオートでやりたい

このように考えたことはありませんか?

この問題を解決してくれるのがスイッチコントロールです。

このスイッチコントロールを使えば単純な作業を自動で繰り返すことが可能になるのです。
しかもこのスイッチコントロールはiPhoneに備わっている機能ですので、わざわざインストールする必要もありません。

今回はこのスイッチコントロールの使い方について詳しく解説していきます。

また本記事では自動化に必要な最低限の解説をしていくため「スイッチコントロールの設定方法がややこしく分からなかった」という方にも分かりやすい内容となっています。

スイッチコントロールの使い方

設定から一般>アクセシビリティ>スイッチコントロールへ移動

まずは設定からスイッチコントロールへ移動します。

レシピ(マクロ)を作成する

次にレシピを作成していきます。(レシピとは自分が繰り返したい操作を記録したもの)

レシピ>新規レシピを作成>スイッチを割り当てる>フルスクリーン>カスタムジェスチャへ移動

新しいレシピの画面で分かりやすいようにレシピの名前を付けておきましょう。

 

ここから自動化する操作を記録させていきます。

レシピを作る上で2つ条件があります。

  • 記録できる操作は5タップまで
  • 最大10秒まで記録することが可能

この2つを意識してレシピを作成していきます。

画面を操作し始めるとそこから記録が開始されます(もしくはコントロールを非表示をタップすると開始)

自分が自動化させたい指の動きを10秒以内に記録させましょう。

 

記録が完了したら保存をタップします。
記録に失敗したと思ったらキャンセルし、再度記録させましょう。

ゲーム等で正しい位置を記録したい方は画面にサランラップ等を敷いて油性ペンで記しを付けると良いでしょう。

作ったレシピを割り当てる(セットする)

次に作成したレシピを使えるように割り当てましょう。
複数レシピを作った場合、ここで「このレシピを使う」と設定します。

レシピを起動>(作った)レシピを選択

タップをすることでレシピを起動するように設定

次に先程選択したレシピの起動する方法を設定していきます。

設定 > 一般 > アクセシビリティ > スイッチコントロールへ戻りましょう。

そこからスイッチ>新しいスイッチ>画面>フルスクリーン>タップへ進みます。

これで設定完了です。

スイッチコントロールをホームボダン3回押して起動できるようにする

続いてスイッチコントロールを気軽に起動出来るように設定します。

設定>一般>アクセシビリティへ移動

アクセシビリティの画面の一番下までスクロールしましょう。

ショートカットを選択します。

 

そしてスイッチコントロールにチェックを入れましょう。
(この段階で使わないものでも良いのでもう一つチェックを入れておくことをおすすめします)

 

これでスイッチコントロールの設定は全て完了です。

スイッチコントロールを実行してみる

これで全ての設定は完了したので私が作った自動スクロールのレシピを実行してみます。

起動方法は以下の通り

  1. 起動したい画面に移動
  2. ホームボダンを3回連続タップ
  3. スイッチコントロールを選択
  4. 画面をタップ

 

まずはスイッチコントロールを起動させたい画面を表示します。(ここではTwitterにしました)
そしてホームボダンを3回押しましょう。

スイッチコントロールを選択
(ショートカットがスイッチコントロールのみの場合ホームボダンを3回タップした時点でスイッチコントロールが起動します。)

 

下のような画面になったら、画面をタップをするだけで先程登録したレシピの操作が開始されます。
そしてタップした回数分レシピが繰り返し起動する仕組みになっているので、何回も繰り返したい場合はその分画面をタップすると良いでしょう。

 

起動して実行するまでの動画を撮ったので参考にしてください。
スクロールが自動化されています。

スイッチコントロールを終了・強制停止する方法

スイッチコントロールを解除する方法はホームボダンを3回タップすることで可能です。

しかしレシピを繰り返し起動している場合、タップした回数分のレシピが終わるまで動作が継続してしまいます。
その場合は以下の2つの動作でスイッチコントロールを終了させることが可能です。

  1. ホームボダンを3回タップ
  2. 電源を一時スリープにする

これによりスイッチコントロールを解除することができます。

スイッチコントロールを起動してレシピを起動しすぎて暴走してしまった際には活用してください。

おまけ

このようにゲームの単純な作業も自動化することが可能ですので、各自レシピを作成してみると良いでしょう。
1回10秒なので10分間起動させたい場合は起動してから60回タップする必要があります。
でも60回タップするだけで10分間放置できるというのはやはり便利なものですよ!

ただしゲームによっては規約違反になる可能性があるので各自確認して自己責任でお願いします。