【MacUSキーボード】最初は後悔したけど今は気に入っている話

「Macを買おうと思ってるけど、USキーボードにしようか迷ってる。USキーボードがかっこよさそうだけど、実際買って後悔しそうで怖い。実際、USキーボードを買って後悔したことってあるの?」

本記事ではこういった悩みを抱えている方へ向けて書いています。

私はMacを買う時にUSキーボードにするかJISキーボードにするか迷った挙げ句、USキーボードにしました。

そして結論から言ってしまうと

買った当初は後悔したけど今は大満足しており、後悔していること一つもない

です。

そこで本記事では

  • 買った時点で後悔したこと
  • USキーボードをしばらく使ってみて良かったと思うこと

この2点を解説していきます。

USキーボードを買おうかなやんでいる方は参考になると思います。

USキーボードを買った時点で後悔したこと

USキーボードを買った時点で後悔したことは主に以下の2点です。

  • 日本語変換が慣れない
  • キー配置に戸惑う

順に解説していきます。

USキーボードは日本語変換キーがない

まずUSキーボードには日本語変換キーがありません。

JISキーボード

USキーボード

最初はほんとに戸惑いました。
日本語変換がないので、日本語検索できませんでしたからね。

ちなみにUSキーボードのデフォルトではControl+Spaceで日本語変換に切り替えることができます

Control+Spaceは押しにくいので、「なんでこんなに押しにくいところに変換にしたんだろう・・・」と思って後悔してました。

しかし、設定でCapsLockキーをControlキーに割り当てることで、CapsLock+Spaceで変換できるようになり押しにくい問題は解決しました。
むしろ通常のタイピングをする手の位置からあまり手を動かさずに変換ができるので、通常のJISキーボードより楽に切り替えができて、今では満足しています。

USキーボードにするとキー配置に戸惑う

JISキーボードとUSキーボードはキー配置が大きく異なります。

JISキーボード

USキーボード

見比べてもらうと、キー配置が大きく変わっていることが分かると思います。

ローマ字の位置は変わりませんが、カッコや記号は大きく変わっています。

プログラミングをする方はキー配置が変わることで、最初は慣れなずにコードを書くスピードが遅くなるかもしれません。

しかしこれも慣れていくと、JISキーボードよりも押しやすいと感じるようになります。

もともとUSの人がキー入力しやすい配置なので、プログラミングにも適した位置なのでしょうね。

USキーボードをしばらく使ってみて良かったと思うこと

続いてUSキーボードを1年ほど使ってみて良かったと思うことを紹介していきます。

主な利点は以下の通り

  • 記号の位置がちょうどいい
  • スペースキーが長くて手にやさしい
  • デザインがシンプルで美しい
  • 他人に操作される心配がない
  • エンターキーが横長なのはありがたい

記号の位置がちょうどいい(プログラマー向け)

記号の位置がすごくちょうどよく感じました。

プログラミングをする人にとってはよく使うであろう記号(=+*()’:;.,#!等)がすごく押しやすい位置になっているんです。

JISキーボードで慣れている人にとっては最初は慣れないかもしれませんが、使っていくと「USのほうがいいや」って必ずなるでしょう。

それほどに良い配置です。

スペースキーが長くて手にやさしい

スペースキーがJISキーボードと比べて1.5倍ほどあります。

「スペースキーなんてそこまで長くなくても良い」

と思うかもしれませんが、実際に使ってみると結構便利なのが分かります。

左手をホームポジションにおいた時にしぜんと親指がスペースキーに乗る形となっています。
スペースキーはよく押すので、意識せずに親指を下ろすだけでスペースキーが入力できるのはかなり便利です。

デザインがシンプルで美しい

キーボードにひらがな等の日本語が付いていないのでシンプルでとても美しいです。

デザインは最高ですね!

他人に操作される心配がない

USキーボードを触ったことがない人はほぼ100%日本語入力の仕方が分かりません。
なので、他人に触られる心配はまずありません。

反対に人に触らせたいと思っている人にとってはデメリットになるかもしれませんね。

エンターキーが横長なのはありがたい

これはちょっと以外にも思った方がいるかもしれません。
はたから見ればデメリットですよね。

しかし、キー配置が真ん中寄りというのもあって、右手のホームポジションから少し右手をひねっただけで、小指がエンターキーに届きます。

エンターキーを押すためだけに右手を動かす必要がないのは、かなりのメリットだと思っています。

まとめ: USキーボードは最初は後悔するけど慣れれば絶対に満足する

今回は「USキーボードを買った当初は後悔したけど今は気に入ってる」ということを紹介してました。

結局言いたいことは、

「最初は慣れないから後悔すると思うけど、使ってると慣れて絶対満足するよ」

ってことですね。

USキーボードのデザインに魅力を感じたのであれば、USキーボードを使用してみることをおすすめします。

1週間もすれば絶対に慣れますし、「JISにしとけばよかったー」なんて思わなくなるでしょうから。

これを機にUSキーボードデビューしてみてください!